転職
転職 > 転職までの流れ

転職までの流れ

転職理由などをまとめる

転職理由とは? 転職活動で、どこに行っても聞かれることに「転職理由」があります。転職理由をしっかりとしたものにしておくことは転職活動をするための必須ポイントです。転職理由を考える時期は早い方が良いでしょう。転職サイトで会社に応募したり、人材紹介に申し込む前には転職理由は誰が聞いても納得できるものにしておいた方がよいでしょう。 転職理由を考える 転職理由を考える時にはまずは自分が思っている転職理由を...本文を読む

転職先を探す

転職先を探す方法 転職活動を始めると、転職を希望する会社を探すことになります。この会社を探す方法はいくつかあります。最も一般的なのは転職サイトを使うことでしょう。仕事をしている人は人材紹介を利用するという人も多いと思います。ほかにも人からの紹介を受ける場合や、希望する会社に直接連絡を取る方法もあります。これらの方法を使って転職先を探すことになりますが、常に意識するのは複数のサービスを利用して情報を...本文を読む

転職先へ応募する

選考プロセスに乗る 選考プロセスへ乗るためには転職サイト、人材紹介、会社の採用ページなどを通して応募する必要があります。転職サイトや希望の採用ページの場合には、まずはウェブから投稿する形の書類選考があるのが一般的です。会社が希望する経歴がない場合にはこの書類選考で落とされるのが普通です。ウェブからの応募で選考に通ると、次は面接に行きますが、このときには職務経歴書や履歴書を紙で持参するように求められ...本文を読む

内定を貰う

内定を貰ったら 最終面接を通り、会社側が採用すると決断したら、内定の連絡をもらうことになります。転職面接の場合、ほとんどは採用であったか不採用であったか連絡を貰うことができますので、最終面接が終われば連絡を待つことになります。しかし内定にも即答できる場合と、即答できない場合があります。転職の場合、採用決定から実際の転職まで期間が短いこともありますから、とりあえず内定を貰ってじっくり考えるということ...本文を読む

転職する

転職とは? 転職とはその名の通り職を変わることです。転職には同じ業界の転職と、異業種への転職があります。同じ業界での転職は給料などの待遇面での問題が多いようですが、業種をまたいだ転職には違う仕事をし、よりキャリアを磨きたいというキャリア志向の転職が多いようです。キャリア志向の転職は「手に職を」と専門性を高めたいと考えている人が多いようです。 転職は実際にやってみると以外と簡単なものです。始める前に...本文を読む

内定から入社までの流れ

内定は時間がかかる? わたしの経験上、一番長い時間待たされるのが最終面接から内定までの時間です。定期的に募集をかける会社は比較的早い印象がありますが、補充のために募集をかけている会社は複数の応募者がいる場合があり、全ての面接が完了するまで待たされることになります。長い場合には数週間から1ヶ月程度待たされます。あまりに長い時間を待たされるとダメだったのかと心配になることもありますが、長く待たされると...本文を読む

面接から内定までの流れ

面接の流れ 面接は、早いところなら1回という場合もありますが、一般的には3回です。全ての面接を乗り切り、SPIなどのペーパーテストをこなし企業側の求める人材像にあえば内定ということになります。 面接の回数や選考プロセスの流れは説明会や面接の最初で教えてもらえることもあります。また人材紹介を利用している場合は選考プロセスは人材紹介のエージェントの経験上の選考プロセスを通常は教えてもらえるようです。 ...本文を読む

応募から面接までの流れ

応募してから面接まで 転職サイトから応募した場合、早ければ数日以内に面接日程の案内がきます。時間がかかる場合でも1ヶ月以内には連絡が来ます。転職サイトから応募する場合、まず説明会へ行ってそこで話を聞いてから応募する場合もあります。その場合は、多くの場合、職務経歴書と履歴書を説明会で提出し簡単な面接をしてから、本面接へ進むことになるでしょう。どちらにしても、面接へ進めることになると人事から面接日程調...本文を読む

転職決断から応募までの流れ

転職を考えたら転職サイトへ登録 転職を考えはじめたら、まずは転職サイトに登録することをお勧めします。転職サイトで会社を探したり条件を確認したりすれば、本当に転職したほうが良いのか、今の会社にとどまった方が良いのか見えてくると思います。 リクナビなどではオープンオファーのような、情報を登録しておけばスカウトメールをもらえるサービスもあり、企業からのアクセス数やメールの数により「人材としての価値」がわ...本文を読む

転職の決断

転職の決断 転職経験者に転職理由を聞いてみると、ほとんどが「前の仕事がイヤだった」というものです。転職するのだから、前の仕事に何らかの納得できない点があったのは当然です。自分にとって全てが完璧の会社で働いているのに転職する人は少ないでしょう。 転職の理由は人それぞれです。「違う職種を経験したい」「もっと給料が欲しい」「仕事が辛すぎる」「会社に未来がない」などいろいろあります。 会社勤めの友人と飲み...本文を読む

転職用書類の準備

必要な転職用書類 転職活動をしていて必要となる転職用書類はいくつかあります。リクナビなどの転職サイトから応募するときには職務経歴書や志望理由の概略を送り、面接の時に転職用書類を持参するのが一般的でしょう。ギリギリまで用意しない方が多いと思いますが、面接は急に決まることも多く、転職用書類をゆっくり書く時間が無いこともありますので、転職を決めた時点である程度のテンプレートを用意しておくことをお勧めしま...本文を読む

転職サイトへの登録

まずは転職サイトへ登録する ほとんどの方が転職を決断してまず最初にやること、それは転職サイトへ登録することでしょう。転職サイトは転職するときにはいずれ登録が必要になりますし転職しないと決めたとしても登録していることには問題ありませんので「とりあえず」転職サイトへ登録することをお勧めします。 このときどの転職サイトへ応募するかですが、大手のリクナビのような転職サイトはもちろん、専門職の転職サイトにも...本文を読む

人事面接を受ける

最初の面接は人事部 最初と最後の転職面接は人事部であることが多いようです。会社の規模にもよりますが、ある程度の規模がある会社であれば、最初の転職面接では人事部が「基本的な足切り」をして、一番最後に「条件の確認」を行います。書類選考に残ったのであれば、職務経歴書と履歴書でのイメージと本人のイメージがかけ離れていない限り、最初の面接で落とされることというのはあまりないようです。 最後の面接では必ず人事...本文を読む

現場面接を受ける

最も重要な現場面接 わたしの経験では転職選考のプロセスで最も重要な面接は現場面接です。 現場に不要な人材は応募先の会社にとって不要な人材になります。人事面接では人柄や全般的な経験といった総合力が必要ですが、現場面接での判断ポイントは「即戦力かどうか?」です。人事担当者との面接は口がうまい人であればごまかせるかもしれませんが、現場担当者はそうはいきません。今までの仕事での経験や、担当した仕事など、具...本文を読む

役員面接を受ける

役員面接は確認の面接 現場面接を経て役員面接となることが多いと思いますが、この場合の役員面接は多くの場合確認の面接です。本当にこの人物は問題ないのか会社の文化を受け入れてくれるのかを確認します。人事採用のプロセスの承認を受けるための面接と考えれば良いでしょう。完全に安心してしまうのは問題がありますが、役員も今までの選考プロセスの中で能力などを満たしていることは理解していますので「やる気」が中心にな...本文を読む

会社を退職する

退職願いを提出する 内定を貰い、転職を決断した次にやることは「退職願いを出すこと」です。退職願いを出すのは意外と難しく、転職先が同業種であればあるほど、引き留めが厳しくなるでしょう。中には「待遇をよくするからいてくれ」と言われる場合もありますし、他にも「今すぐは無理だから半年後にしてくれ」と言われることもあるでしょう。 退職は穏便に勧めたいので受け入れられる限りの条件は受け入れたいですが、転職先へ...本文を読む

転職活動のための退職

転職のために退職する? 転職するときに、まず退職してから転職活動を始める方がいるそうです。理由は「転職する前に1ヶ月ほど休みたいから」「退職できるか分からないからまず退職した」「退職してからの方が転職活動に集中できる」など様々です。 わたしは転職活動のための退職はしないほうが良いと思います。わたしの周りでも退職してから転職活動を経験した人がいますが、ほとんどの場合「非常に精神的に辛い転職活動」にな...本文を読む

誘導面接に気をつけよう

誘導されないように気をつけよう わたしが転職で受けた面接で「しまった」と思ったことがあります。それは誘導質問です。わたしは今までに経験のない職種に応募していて人事部長との面接でした。「でもこの仕事はいやなんでしょ」「でも経験はないから難しいでしょ」など非常に自然に、わたしがその仕事に不安を持っていることを聞き出されました。最後に「この仕事は無理でしょ」と指摘されました。それまで書類選考、1次面接を...本文を読む