転職
転職 > 転職活動の始め方

転職すると給料はどうなるか

転職すると給料はあがる?

転職すると給料はあがるのかさがるのか、非常に興味がある点だと思います。わたしも転職を考えるときに給料がいくらになるのかは重要な項目の一つでしたので、転職活動を始める前に転職経験者に聞いてみたことがあります。わたしが話を聞いた転職経験者の多くは中堅社員で比較的優秀な人が多いとは思うのですが、彼らの給料はほとんどが「少しあがった」そうです。大企業から大企業へ転職した人が多かったせいか、残念ながら大きくあがったという人は一人もいませんでした。話を聞いた転職経験者の中には成績の悪い会社から良い会社に移ったことでボーナスが大幅に上がったという人もいましたが、これも恒常的なものではないようです。

ベンチャー企業などに移ると大きく給与が上がるなどということもあるのかもしれませんが、給与が理由で転職活動をする人が少ないのはこういう状況をみんな知っているからかなと思います。わたしが話を聞いた転職経験者のうち、ほとんどは給与が理由ではなく、仕事内容が理由で転職活動をしていました。

給料は選考プロセスのいつきまる?

会社に応募するときには応募する資料に希望給与を記載することになります。しかしこの部分に言及されるのは選考プロセスの中でも一番最後であることが多いようです。転職活動をしていて最初に給与の部分が話題に上ることはほとんどなく、まずは選考し、その後で転職の条件を交渉するという形になります。

わたしの経験では、給料の話が出るのは最終面接か最終面接後の人事担当者との面接です。このような条件でいかがでしょうかと目の前で提示されることもあれば、メールなどで提示されることや、人材紹介の会社を通して提示されることもありました。

転職の待遇を交渉する

転職の待遇を交渉するというのは非常に難しいことです。私の知っている転職経験者で人事担当者と交渉した内容は「入社日」がほとんどで、給与を交渉したという人はいませんでした。日本の会社は交渉しなくとも妥当な給与を提示してくれるということかもしれませんが、それよりも交渉するよりも内定が欲しいという人が多いように感じます。

転職の待遇を交渉したい場合は自分で交渉することが多いでしょうが、人材紹介を利用している場合には人材紹介のエージェントに交渉をしてもらうこともできます。人材紹介のエージェントなら給与が妥当なのかどうかも知っているでしょうし、入社日をずらしたい場合もどの程度までならずらすことが出来るのかアドバイスしてもらうことも出来ます。