転職
転職 > 転職活動の始め方

転職前に退職はしない

転職前には退職しない

転職を考えるときに、まず退職してから転職するという方法をとる方がいます。現在の仕事がとにかく辛くすぐに辞めたい場合は、なにはともあれまずは退職ということもあるようですが、退職してからの転職よりも、転職してからの退職をわたしはおすすめします。転職してからの退職は内定が出なくても最悪現在の会社にいればよいという安心感がありますが、退職してからの転職では、転職が必須になります。この精神的な差は大きく転職活動をする上でも内定が出たときに内定を受けるかどうかや、応募する会社選びで大きく変わってきます。

同じ業界と同じ職種であれば多くの場合は転職できることが多いでしょうが、転職できるかどうかは転職先の業界や会社の状態などで大きく変わってきます。優秀であれば必ず転職できるというものでもなく、タイミングも重要な要素になります。転職活動をする前に退職をするとゆっくりタイミングが来るのを待つこともできません。転職するときには退職せず、退職前に内定をもらうようにしたいものです。

退職した後の転職活動

転職前に退職はしないほうが良いですが、状況によっては先に退職せざるを得ない場合や、本人の意志にかかわらず退職する状態になることもあります。退職するとしばらくの間は失業保険による給付を受けることができます。失業保険は会社都合による失業は即時給付で、本人都合よる失業のときは3ヶ月後から給付です。人によってはしばらくは失業保険を貰いながらゆっくり生活して、それから本格的に転職活動をしようと考える人もいるようですが、これはおすすめしません。退職後はまずは転職活動を始めることをおすすめします。転職活動をすぐにはじめたほうが良い理由は、退職から時間がたてばたつほど「転職しなければ」という圧迫感は強くなります。余裕がある間に転職することで、会社を選ぶ余裕もできますし、面接も余裕を持って受けることが出来ます。

友人の転職経験者は退職して1年間休むことにし、1年間は勉強や旅行など好きなことをして過ごし、1年たったころに転職活動を始めたそうなのですが、そのころには貯金も底をつきかけており一刻も早く転職しなければいけないという圧迫感で胃が痛くなりながら面接を受けたと言っていました。彼は最初に内定が出た会社に決めたそうですが、今考えるともう少し時間をかけて転職活動をすれば違った生活だったかもしれないなと、会う度に言っています。

退職してからの転職活動は出来る限り早くから始めることをおすすめします。