転職
転職 > 転職活動の始め方

転職活動中の心得

転職の必要性を常に考える

転職を決意し、一度転職活動を始めるとその勢いを止めるというのは意外と難しいものです。私の友人で、転職活動を始めた理由が「異動がイヤだから」であったのに、その異動がなくなってからも転職活動を続け、結局そちらで転職したという人がいます。彼は「後で考えてみると特に転職したことで仕事が変わったわけでもなければ待遇が大幅によくなった訳でもないのに転職したことに転職してから気づいた」と言っていました。この彼のように、転職に不満はないが転職によって得たメリットも無いというのはまだマシで、転職してみると転職前より悪くなったということは良く聞きます。

安易な転職はしない

転職の理由として「仕事が辛い」というのも大きな理由の一つでしょう。ある人事担当者によると、転職をする人は転職に抵抗がなくなり再度転職してしまう傾向があるので、安易な理由で転職を希望する人は受け入れないようにしていると言っていました。

前職の仕事が辛く途中で投げ出した人は優秀でなければ避けるという人事担当者もいるようですので、転職する前に転職の理由が妥当な理由か、を考える必要があります。仕事が辛かったとしたら、いつまでそのつらさが続くのか、転職することでその辛さからはずっと逃れることができるのか、転職すると今後の仕事が不利にならないか、など転職のメリットとデメリットを考えた上で転職を判断する必要があります。

仕事が辛くなると転職サイトに登録して転職を考えるというのは誰でもすることだと思いますが、そこから応募へ一歩踏み出す前に転職が妥当か考える必要があります。転職理由が妥当ではないと少しでも感じた時には転職活動を継続するかどうか考えることも必要でしょう。

転職活動のことがばれないようにする

転職活動で最も気をつけなければならないのは、会社にばれないようにすることです。転職活動が会社にばれてしまうと転職活動が継続できなくなったり、現在の仕事が危うくなったりと、たとえ転職を決断していなくとも面倒なことになりがちです。私の友人は転職サイトに登録したというだけで上司と一緒に飲みにいき転職サイトに登録した理由や会社に対する不満を聞かれ、転職しないように説得を受けたといっていました。

転職がばれないようにする最も重要なことは、会社へ転職書類を持って行かない、会社の関係者に転職のことを言わない、の2点です。転職活動を始めると会社に転職資料を持参せざるを得ないときもあると思いますがその時はカバンに入れて絶対に外へ出さない、カバンの口は必ず閉めておくといった対処をおすすめします。