転職
転職 > 転職活動の始め方

転職を考えたらまず自問する

転職する理由

転職を決断する理由というのは人それぞれだと思います。しかし転職を考え始める理由というのは似ているように思います。

わたしの経験では転職を考える理由で最も多いのが現在の会社に不満を持ち転職を決める人です。転職を考える不満は人それぞれでしょうが、ある日「もうダメだ」と考えて転職活動を始める人が多いようです。

中には一刻も早く今の仕事を辞めたいからと、とりあえず退職してから転職活動をする人や、一刻も早く転職したいからとかなりの妥協をして転職を決める人もいますが多くは、本当に忙しい時期は転職活動をする時間すらなくその中で細々と続けた転職活動が決まるのは、仕事の忙しさがマシになってきた頃という場合が多いようです。

一度転職に傾いてしまうと、その流れはなかなか止めることが出来ないでしょうが後で冷静に考えてみると、転職しても転職しなくてもどっちでも仕事量も仕事内容も給料も同じだった・・・という場合も多いようです。こうなると転職経験を積んだだけで、実質的にはなにも変わってません。

転職は回数を重ねるほど不利になります。特に転職理由が「前の会社がイヤだった」という場合には転職理由を話すときにウソの転職理由を伝えることになりますので、あとあとまで汚点として引きずってしまうこともあるようです。

そのような状況を避けるためにも転職前には慎重に転職理由を考えてみることをお勧めします。転職活動を始める前の客観的に転職活動を見ることができる時期に転職が良いのかどうか、転職理由が転職にあたいするものかどうか考えることで、不要な転職を避けることができますし、転職を決意する場合にも「今の会社がイヤだ」という理由以外に転職する理由が見つかるはずです。

転職を考えたら少なくとも1週間程度は転職が必要なのかどうか悩んでみることをおすすめします。その間に転職する理由や転職先を志望する理由などをノートにまとめておけば、転職を決めた場合にも書類作成や面接で役にたちますし、転職しないことに決めた場合でも、その後の仕事をする心構えを作るという意味で役にたつでしょう。

転職しないという選択肢

転職を考えるときには「転職をしないという選択肢」があることも頭に置いておきましょう。転職してから満足する人も多い反面「こんなはずではなかった・・・」という話もよく聞きます。転職をするということは想像以上に時間も体力を消費します。その労力をかけてでも転職することがキャリアや自分の生活にとって必要なことなのかを考えた上で判断するとよいでしょう。

その結果として転職をすることに決めたとしても、いつでも転職活動はやめて今の仕事に戻れることを頭に置いておくことをおすすめします。一度転職活動を始めてしまうと最終ゴールが「転職」になってしまい「転職しないという選択肢」があることを忘れがちです。転職したからといって必ず幸せになれるわけではので、転職先の会社と現在の会社のメリットやデメリットを考えて決断する必要があります。