転職
転職 > 転職活動の始め方

転職活動がバレないようにする

転職活動バレには注意が必要

転職活動をするときに最も注意が必要なこと、それは転職活動バレでしょう。転職活動をしていることがバレてしまい面接時に必要な休みが取れなくなるなど、転職活動の邪魔をされることもあります。多くの会社では部下が転職するということは上司としての管理能力を問われることがあるため転職は出来る限り阻止するように動くようです。特に転職活動をしている業界が今の会社と同じ業界の場合には転職活動を辞めるように説得されることが確実です。転職活動をする前に上司に相談する、という人も中にはいますし、上司によっては転職活動に協力的な人もいるようですが、転職活動の基本は会社にばれないようにすることです。

わたしの知り合いが上司にばれた知り合いがいるのですが、転職活動をしていることがばれたために重要な仕事からは外され、転職活動が失敗に終わっても元の仕事に戻れないということもあるようです。

転職活動中であることは他言しない

転職活動をばれないようにする最も重要なことは会社に関連している人に転職活動中であることや転職を考えていることを漏らさないことです。たとえいつも仲良くしている同僚にも転職活動のことは伝えてはいけません。知らない間に噂は広がるもので、同僚から同僚へ伝わり、気づけば上司も知っているということになります。わたしの知り合いも転職活動中に仕事のことで迷惑をかけてはいけないと、転職後に迷惑がかかりそうな一人だけ伝えたはずが、その同僚が上司へ相談し、結局転職活動をやめるように説得され、さらにその後有給などをとるたびに転職活動でないかと疑われるようになったと言っていました。

転職活動の際には家族には言うことになりますが、妻や子供の友達に会社の人がいたり、社宅に住んでいる場合には、転職活動のことを絶対に他言しないように口止めしておく必要があります。転職経験者の一人によると家族に転職活動のことを口止めする方法として「転職活動がバレた場合には転職が決まっていようとなかろうと退職しないといけない危険がある」と伝えておくと効果的だそうです。

転職活動中の疑いをもたれても言わない

転職活動中は転職活動をしていると公言しなくとも態度や行動から察しがついてしまうものです。わたしの経験では、転職を決めたとたんに明るくなったり、行動的になったり、業界の知識にやたらと詳しくなったりという人がいました。そのような時に転職活動の探りを上司が入れてくることや、世間話で転職のことが話しに出ることがあるでしょうが、絶対に転職活動中であることは言ってはいけません。「絶対に転職活動なんてしてません」と言うのもウソになりますし転職が決まって転職を伝えるときに言いづらいと思うのではぐらかすことをお勧めします。

転職活動中に机に出していた転職の資料などを見られてしまうこともあるかもしれませんが、その場合にも絶対に転職活動中であることは認めず、はぐらかすことをお勧めします。転職活動を納得するまで続けるためにも転職活動の邪魔をされたり、転職活動をやめさせられたりということがないようにしたいものです。