転職
転職 > 求人情報の探し方

人材紹介を利用する

人材紹介を利用する

人材紹介を利用するには人材紹介のウェブサイトから必要事項を入力して送信することから始まります。数日すると人材紹介の会社から連絡があり面談の日程を設定します。遠隔地の場合は電話での面接とすることもできます。やはり実際に向かい合って話をする方が、理解も早いので会って話をすることをお勧めしますが、電話やメールであっても、一人で転職活動をするよりは助けになるでしょう。

転職を決めているのであれば、わたしは人材紹介の利用をおすすめします。始めての転職では右も左もわからないですし、自分の市場価値も知ることができません。転職の不安や応募先の会社について正直な気持ちを相談できるのは非常に大きな転職活動の助けになりますし、転職に対する不安も低減することができます。

人材紹介の問題点

人材紹介の問題点はいくつかあります。まず人材紹介は成功報酬を紹介先の企業から貰うことにより成立しているビジネスであるため、やる気がないと判断された場合や、転職が成功する可能性が低いと判断された場合には、時間を割いてもらえないことがあります。また最初の面接で人物を推し量り、その人が受かりそうな企業を紹介してくるため、必ずしも希望する企業を紹介してもらえるとは限りません。

そして人材紹介を利用すると担当者が一人つき、最初から最後までその担当者とやりとりをすることになりますが、残念ながら人材紹介の会社にも有能な方とそうでもない方がいらっしゃいます。有能な方に当たると非常に大きな助けになりますが、元々人材紹介という仕事が好きでないながら仕事をしているような方は、会社の紹介はしてもらえますが、転職の不安などを相談してもあまり役に立たないこともあります。そういったことを避けるためには人材紹介も数社を同時に申し込み、真剣になってもらえる相性の良い人材紹介のエージェントを探すことが必要でしょう。

人材紹介の活用

人材紹介は働きながら転職活動をする方には大きな助けになります。特に毎日終電まで働き転職サイトを見る時間もあまり無く、面接日程をとるのも難しいというような方は人材紹介の利用が転職活動に必須となるでしょう。人材紹介の会社はアドバイスや企業の紹介だけでなく、紹介した企業とのやりとりを間に立って全て行ってくれます。面接の結果の確認や、面接日程の調整なども行ってもらえますので、忙しい方には非常に大きな転職活動の助けになるでしょう。