転職
転職 > 求人情報の探し方

転職サイトを利用する

転職サイトを利用して求人情報を探す

転職サイトで求人情報を探すのは最も一般的な求人情報の探し方でしょう。転職サイトの利用自体は特にリスクがないため、転職を少しでも考えたらまずは登録してみるという方が多いようです。わたしの知り合いで言うと、転職の意志にかかわらず登録していない人を探すほうが難しいでしょう。おそらく入社時にも転職サイトを使って仕事を探した人にとってみると、就職後にも同じ会社のサービスに登録しておくのは抵抗がないですし、懐かしさもあるのではないでしょうか。

転職サイトは数多くありますが、最近の転職サイトは求人情報の掲載だけでなく、スカウトサービスというものをやっているところも多いようです。スカウトサービスとは求人情報を応募者側が探すのではなく、職務経歴や学歴を入力しておくと、企業側が希望する人材を検索してアプローチしてくるというものです。リクナビでいうと関連する業界で働いている多くの人に情報を送るタイプのスカウトと、学歴や現在の会社なども絞り込んでメールを送るスカウトがあるようです。学歴や現在の会社まで入力するのは人物が特定されそうで不安に感じることもあるようですが、参照させたくない会社(現在の会社や以前の会社など)を設定できる機能がある転職サイトもあります。またわたしの周りでその情報から特定されたという話は聞きません。

転職サイトで仕事を探す場合の問題

転職サイトで仕事を探す場合の問題は、あまりに多すぎることと、応募するのに時間がかかることでしょう。転職を決断していて応募すると心に決めて転職サイトを利用する場合は大丈夫でしょうが、そうでない場合、転職を決めていて転職サイトは毎日使っているけど、一件も応募していないという方の話をよく聞きます。応募する時には職務経歴や志望理由を入力する必要があり、入力に時間がかかることはもちろんですが、一度送り拒否されると二度と応募できないからと慎重になってしまう方が多いようです。

わたしの経験上、あなたが今まできちんと仕事で経験を積んできていて、評価されるだけの仕事はしてきたという自信がある方で、業界もよく知っている業界であれば、転職サイトからの応募での書類選考で落ちるということは少ないようです。もちろん既に補充人員が決まってしまっている場合や、会社の風土に合わないと判断された場合は別ですが、その場合にはどちらにしても落ちるわけですから、転職サイトからの応募はそこまで慎重になる必要はないでしょう。心配な場合は志望順位の高くない会社に応募してみて職務経歴や志望動機の反応を見るという方法もあります。