転職
転職 > 求人情報の探し方

mixiで求人情報を探す

SNSで転職活動?

最近はベンチャー企業の中にはSNSを使い求人情報を出すこともあるようです。技術者や起業志向の強い人など、特定のカテゴリーの求人情報を掲載でき、優秀な人材を確保することが出来るということが理由のようです。mixiなどでは「転職」で検索してみるとたくさん出てきますし、求人情報の掲載だけを目的としてコミュニティも存在するようです。転職活動をしようと思って転職活動をしている人には、求人情報が掲載されるタイミングがわからないため偶然に頼るというあまり効率的ではない転職活動になってしまいますが、中には目を引く情報が掲載されていることもありますので、時間のあるときに確認してみると良いかもしれません。

また中には自らコミュニティに転職活動をしていることを掲載してアピールする方もいるようです。わたしの周りで経験者がいないためなんともいえませんが、おそらく効率的ではないでしょう。

SNSだけでは転職活動をしない

SNSに情報が掲載されると転職活動の経験がないままに受けてしまい、そのまま決まって転職するということもあるようですが、転職活動の経験がないと他の会社と比較することもできませんし、人材紹介のエージェントのようにアドバイスをしてくれる人物もいないため、条件などが曖昧であることもあるようです。SNSに興味深い情報が掲載されていても冷静に求人情報を確認する必要があるでしょう。

SNSで募集をするのはベンチャー企業や中小企業が多いですが、給与や福利厚生など悪いことが多いようです。ベンチャー企業と聞くとクールな会社というイメージが先行してしまいますが、製品はすばらしくても、待遇は悪いということが多いようですので注意が必要でしょう。

人材紹介はやはり使おう

SNSで紹介が掲載されている場合でも、転職サイトや人材紹介に情報がないか確認するようにした方が良いでしょう。SNSにしか求人情報を出さない会社はリクナビ等に広告が出せない会社ということも考えられますし、求人情報を出すような費用も捻出できていないこともあります。人材紹介であればベンチャー企業などの業界に詳しいエージェントもいますので、利用している場合は、その会社の情報を聞いてみると良いでしょう。中には仲介してもらえる場合もあるようです。

SNSで求人情報を見つけた場合、他の転職サイトと違い承認プロセスがないことを考慮し、転職サイトなどでの求人情報よりも慎重になった方が良いでしょう。